2012年06月10日

P4映画)Factor of Hope見てきた

p4_movie.jpg p4_movie2.jpg

舞台挨拶始まる直前から雨降ってくるとか、
そして公開初日雨とか、とても良いP4日和でしたね
というわけでなぜかばっちり起きられて鳴上くんのためなら
エンヤコラとペルソナ4の映画公開初日の朝一初回見てきた空澄みの人です
地元でやってくれて本当によかった(T∀T)

中身感想諸々は例の如く下の方へ
・・・がめちゃめちゃ長くなりましt

で、開店時間に行ってすぐ物販の方並んでました
ライブとかジュネス感謝祭とか物販の売り切れっぷりが
あまりにもアレなんで今回も前売り券完売二番手とか
危ないと思って 映画自体は2回目になっても別に構わなかった
実際先にこっち並んで正解だった
自分の前は10人いないくらいだったのですが気づいたら
後ろ30人以上増えてたwwwコエーP4コエーw
まぁ自分はパンフレットとクリアファイル買っただけだけd
映画見終わったらクマのランチトートバッグ売り切れてた
これだからP4はガチで怖いw
しかし小学校低学年くらいのちみっこもP4の話わかるんだねぇ
並んでる間クリアプレートコレクション見せっこしてたよ

帰宅してからパンフレット見たけどコレ実質パンフレットではないです
稲羽市連続誘拐殺人事件の簡単な順番、説明と
キャストとスタッフのインタビュー本
なかなかの文章量で読み応え抜群&お写真も良い感じでつ
(画像は表紙と裏表紙)

映画はなんとか初回で1人なんでど真ん中で良い席で見れた
本当は友人と行く予定でしたが予定が合わずグッズのために
初日にぼっちできたんだy
初回は電車、バス組が間に合わない時間なのですが
席はほぼ埋まるという盛況っぷりでした

終わったら自分のや頼まれた服探したりゲセンで音ゲ&P4U
まったりやったり

ソウイエバ、ライブ、ジュネス感謝祭、舞台挨拶って
全部チケット倍率10倍くらいだったそうでs
・・・コエーP4こえええええ

------------------------------------------

エート映画の感想(下に行くほどネタバレ度上昇?)
コレ、総集編じゃない!
実質24話、25話(TV版最終回)のディレクターズカット版
+真ED(仮)+ちょっと事件を振り返ったオーディオコメンタリー
構成がアニメ見た人orゲームやった人前提の作りなので
ペルソナ4の話をある程度知ってること必須
TV版で作画流石にコレハドウダロウって部分は描き直されてました
(24話の雪子のアップ「燃えてしまいなさい!」とか)
多分BD&DVD用に直したと思われ
真EDパート部分は構成の関係なのかシーンごとの時間軸が
明らかに何箇所か前後してる、時間の関係で明らかに
端折ってる駆け足気味展開という意味で(仮)
ぶっちゃけ途中でちょっと混乱した
そして真EDのこの構成と内容、凄く12話を彷彿させた
この映画も良かったけどBD&DVD版はここもっと長いかなぁ
とかアレも入るかなぁとか想像してwktkできますた

個人的には大画面で鳴上くん拝めて鳴上くんいっぱいで大満足ですた♪
というくらい鳴上くんの話でs(ぁ
終わった直後どっかの某スレの陽介の如く
鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん
鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん
鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん鳴上くん以下略
な感じに幸せになれまs(ぁ
前売り券2枚買っておいて良かった 余裕で2回目見れるわ
戦闘シーンとか細かい所確認したいし

気になった点、霧(BGM)がかからなかった
おそらくこれも時間の関係で動画端折ってるからかと思われ
故に12話のあの戦闘BGMのI'll Face Myself(Battle)も
輪廻転生版じゃなくてゲームサントラ版の方だったり
マガツイザナギ戦はkey plus wordsになってたり
後、使いまわしてる部分もあるんで当たり前だけど作画が一定じゃない

以下中身を順を追いつつ感想入れつつで超ネタバレ

始まっていきなり25話アメノサギリ戦
最初からクライマックスってどこの電王ですk
やったぞー!おー!のシーンとクリスマスパーティが追加
前者は是非見たかったので嬉しい♪
→初詣、雪だるま、バレンタイン、フードコートでマターリと
一枚絵で進み3月20日 鳴上くんお別れ会の準備中
雪子が作ってる真っ赤な物体X?を見て鳴上くんが
一瞬何か感づいた・・・ん?なんだろう?
ここらで冷蔵庫のプリンネタがあってニヤッとw
→菜々子があだっちーの手紙持ってくる
→ここまでかなり時間あった気がしまくるがようやくOP
sky the limite 正直key plus wordsの方がよかっt
→ここから手紙を読みつつ事件を振り返る、という口実で
総集編的映像になるんだけどオーディオコメンタリーみたいに
キャラがみんなで喋りながらなので全然飽きない
24話、25話の禍津稲羽市のあだっちー無双を軸に間に
総集編を入れる構成 大画面でのあだっちー無双も良かったね
雪子やりせちーのマヨナカテレビ録画しようとするところで
陽介にエロメガネ言われていい響きだ!って鳴上くんwww
12話のあのシーンでは陽介が照れまくりだった
刈り取るもの&マガツイザナギとの戦闘シーンも追加
or2←コレも縛られてるのわかるようになってたw
そしてマガツイザナギ戦が終わると真EDパート突入
→ジュネスフードコートで会議
(実際の時間は着てる服からしてこれが最初だったと思われ)
→手紙見て菜々子に最初ガソスタ寄ったと言われ向かう
・・・が、家の中にいたときになかったのに鳴上くんが
いきなりメガネかけている・・・アレ?ここテレビの中じゃなry
→イザナミさん登場!
→いきなり回想?で幾千の呪言で全滅
しかもゲームより凄いことになっていr
BASARAのお市の必殺技?みたいなことにry
→3月20日延々ループ
(つまりイザナミさん見つけたけど全滅して3月20日
ループ状態に陥ってたわけだ 最初のお別れ会自体が既にry
イザナミさんのセリフからすると見つけたのは2回目なんだろうな)
→マーガレットさんキレてペルソナ合戦!
・・・というのは建前で叩き起こしに来てくれた
鳴上くんフルボッコだけどスラオシャが出てきて菜々子の声で復活
流石シスコン番長w
それをきっかけに特捜隊以外のコミュ築いた人達のアルカナと
ペルソナが勝手に?出てくる感じ
→シャドウ番長キター!
P4Uのシャドウ番長とは真逆で子供っぽかった
あっさり受け入れすぎなんで(思いっきり泣いてたけど)
多分ここはもっと尺あったんだろうなぁ
最後は堂島さんのコウリュウとルシフェルの一騎打ち
ここらはなんだか凄かったのでまた確認しにいきまs
クーフーリンとかロキとかヨシツネもいたような
→最後にマーガレットから見晴らしの珠を渡されて
鳴上くん1人でイザナミ戦
ここはどうするのか楽しみだったんですがこうきたか!と
→そんなものがなければ真実を見通せないのかと言われて
メガネ捨てて大神さんキター!幾万の真言!
→霧が晴れて特捜隊復活、3月21日、電車の中で手には集合写真
・・・とここら辺はゲームまんま

ぶっちゃけいきなりアメノサギリ戦だったので12話の
あの構成またやりかねんと最初から警戒してたら
ビンゴだったYO!\(^o^)/ 伊達に12話30回見てないわ(ぁ
ゲームの番長は完璧超人だけど鳴上くんは誰かいないと
途端にメンタル脆くなる事は最初の頃からなんとなく
察してたんで11話でフラグ立って12話でアレで
ああ、やっぱりーみたいな
マーガレットにフルボッコ状態の時が落ちるとこまで落ちたな
3月20日ループ時の鳴上くんが凄く病みまくりだったんで
DVDでもっとひどくなるんだろうか・・・w
これシュタインズ・ゲートのオカリン思い出した
こういうルートあるよね
なんでこうなったかがその後のシャドウ番長
や、もうなんつーか帰りたくない=ゲーム終わらせたくない
=アニメ終わってほしくない・・・デスヨネ
さらにデフォがぼっちな自分としてはもうね、
うああああああああああああああああああん(ノД`)
もう1人が嫌ならいてやるよおおおおおおおおお!
や、自分もなんですけどコミュ障でOTL
3月21日の鳴上くんの笑顔が素敵でした(ノ∀`)
電車の中でもゲームのムビだと結構
ポーカーフェイスですが流石そうではなかったよ

・・・というわけで鳴上くんのことしか書いてねーですが
今回は本当に鳴上くんだらけでしt
一応他キャラの話しておくと陽介が美味しいところ
ちょっとあるんでDVDで長くなってことを期待したいw

そして!最後の最後!カレンダーが一気に逆周りして
デザインも変わってキタローくんことP3主人公!
そしてペルソナ3映画化決定!
エエ、会場がどよめいた
3は漫画とP4Uでかじるくらいしか知らないのだけど
興味はあるので見に行きたいでs
石田のキタローくんがきになr


そしてこれ書いてたら朝になっていたというオチでs

ちなみに入場者特典のフィルムですが、上から
1話のペルソナ覚醒ドヤ顔、24か25話の刈り取るもの戦、
25話のルシファー召喚前、EDで電車が行った後、
多分イザナミさん見つけたところ

p4_movie3.jpg

posted by Link at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | P4(P4U) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック